旬野菜

●アスパラガス
アスパラギン酸という栄養素を多く含み、疲労回復や新陳代謝を活発にします。栄養ドリンク剤などにも含まれています。穂先に含まれるルチンは、毛細血管を強くし血圧を下げたり、ビタミンCの吸収を高める作用があるので、ビタミンCが含まれる食材と一緒にとることで相乗効果が期待されます。また、紫外線によるメラニン色素の生成を抑えたり、コラーゲンの合成を助ける働きもあるので、ぜひ、旬(4月~5月)この時期に食することをおすすめします。
アスパラガスの簡単お料理レシピはこちら

●竹の子
食物繊維が豊富で、腸内のお掃除をしてくれるので便秘改善によいです。しかも、食物繊維によりコレステロールの吸収を妨げますので生活習慣病の予防にもおすすめです。また、カリウムが含まれていますので、余分な塩分を排出し、高血圧予防にも最適です。
※えぐみ成分のもと、『シュウ酸』が含まれていますので、十分にあく抜きをしましょう。

●菜花(なばな)
春の訪れを告げる葉菜、栄養価が高い緑黄色野菜です。ビタミン類やミネラル類が豊富にバランスよく含まれています。特にビタミンCは多く含まれており、風邪予防や美肌効果もあります。体内の塩分バランスを保つカリウムも含まれていますので、高血圧予防にも期待できます。また、鉄分も豊富ですので、貧血気味の方におすすめです!!

●新たまねぎ
ねぎ特有の香り成分、硫化アリルはビタミンB1の吸収をよくし、新陳代謝を高め、慢性疲労や肉体疲労を改善します。また、血液をサラサラにして、動脈硬化や高血圧、糖尿病などを予防します。ただし、熱を加えると成分が変わってしまうので、生食が一番おすすめです。新玉ねぎは、やわらかく辛味成分も弱いのでぜひこの時期にたくさん食べてくださいね。
☆水にさらし過ぎると硫化アリルやカリウムが水に溶けだしてしますので、気をつけてください!!

●新じゃがいも
主成分はでんぷん。主食にもなる野菜です。また、細胞の老化を防いだり、免疫力を高めるビタミンCやビタミンB1も豊富に含まれています。じゃがいものビタミンCはでんぷんに包まれているため、加熱をしても壊れにくいとういう特徴があります。じゃがいもの皮にはがん予防効果のある『クロロゲン酸』含まれていますので、皮が薄く柔らかい新じゃがいもを丸ごと調理していただくことをおすすめします。
新じゃがいもの簡単お料理レシピはこちら

●グリンピース
栄養成分は、でんぷん、たんぱく質、カリウム、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、食物繊維などが含まれています。特に、食物繊維はお豆の中ではいちばん多く含まれていますので、便秘の解消やコレステロールの吸収を抑えてくれます。市場では、缶詰や冷凍食品として出回っていますが、旬の時期は、ホクホクして甘みもあり栄養価も高いですのでおすすめです。
グリンピースの簡単お料理レシピはこちら

初夏●そら豆
初夏の代表野菜です。栄養成分は、タンパク質、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCなどのほかに、カリウム、鉄、銅、亜鉛などミネラルが豊富。たくさんの栄養素が詰まっています。皮ごと食べれば食物繊維も一緒に摂取できるので、便秘の方にはおすすめです。また、ミネラルが多く含まれているので、女性の方に多い貧血予防効果もありますよ。ぜひ今が旬、そら豆のパワーで免疫力を高めましょう。

●にんにくの芽
葉のあとに出る、にんにくの花茎。栄養成分は、にんにくと同じで香りのもとであるアリシン、ビタミンB1、ビタミンB2、カリウム、食物繊維等が含まれています。ビタミン類については、にんにくよりも多く含まれています。とくにアリシンは、抗菌・殺菌作用が強いので、風邪予防などに最適です。また、アリシンは体内でビタミンB1と結びつくことで、ビタミンB1の吸収を高め、疲労回復に効果があります。
☆にんにくの芽は、にんにくほど特有の香りは少ないです。
にんにくの芽の簡単お料理レシピはこちら

●にがうり
ビタミンCをはじめ、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどミネラルが多く含まれており、夏バテ予防には欠かせないお野菜です。にがうりに含まれるビタミンCは、加熱しても壊れにくいことが特徴。肉や卵などのタンパク質と合わせて、料理(揚げ物・炒め物)をするとビタミンの吸収がもっとよくなりますよ!!また、果皮に含まれる苦味の素『モモルデシン』という成分に血糖値を下げ
る効果があるといわれています。
にがうりの簡単お料理レシピはこちら

●カボチャ
野菜の中でもっとも栄養価が高く、野菜の王様とも呼ばれています。カロテン、ビタミンC、ビタミンEなど3大栄養素が含まれています。その他に、カルシウム、鉄分が含まれています。なかでも、豊富なのがカロテン。肌や粘膜、目を丈夫にし、免疫力を高めます。この夏を乗り切るためにも、かぼちゃを食べましょう!!
カボチャの簡単お料理レシピはこちら

●きゅうり
老廃物を排出するカリウムが豊富。また、カリウムはナトリウムの排出をうながし、利尿作用効果作用で腎臓の働き を助け、血圧を正常に保つ効果も期待されています。風味が落ちやすいので、食べきることをおすすめします。新鮮なうちに漬物にしてもよいです。ぬか漬けにするとカリウムは3倍に増えます!!生食で食べることが多いですが、炒めて食べると美味しいですよ。

●トマト
トマトは栄養がたっぷり含まれています。トマトの赤い色は、リコピンという成分で、がんや動脈硬化予防効果があるといわれています。また、 紫外線防御もあると言われ、シミの原因ともいわれるメラニンの生成を抑えてく れます。美白効果期待ありです!!紫外線が強くなるこの季節に、ぜひ食べてくださいね。リコピンはビタミンE(ごま、落花生、アボガド)などと一緒にとることで吸収力がアップします。

●さといも
いもの中では低カロリーで、食物繊維も豊富なのでダイエットされる方にはおすすめです。ぬめり成分の『ガラクタン』は脳細胞の活性化や免疫力UP、『ムチン』は粘膜を保護する作用があり、胃炎や胃潰瘍の予防効果が期待されます。また、風邪などの感染症にも効能がありますよ。

●やまいも
主成分は良質なでんぷんで、他にビタミンB1、B2、ビタミンC、カリウム、食物繊維などがバランスよく含まれています。また、酵素アミラーゼとジアスターゼを含んでおり、体が疲れた時や胃腸が弱ったときに食するとよいです。ジアスターゼは熱に弱いので、サラダなど生食がおすすめです!!

●タアサイ
濃い緑色が特徴で、カロテンやビタミンCが豊富。カルシウムやミネラル鉄分もたっぷり含まれており、皮膚粘膜を強くし風邪予防に効果的。ほうれん草よりも鉄分が多く、貧血予防には心強い野菜です。また、塩分の摂りすぎによる血圧の上昇を抑えたり、不眠、ストレス、自律神経失調症予防にも効果的冬の万能野菜です!!

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

連絡先 お問合せフォーム